服飾専門学校の東大

 文化服装学院で服飾専門課制を修了した経験から、母校のこの学校について紹介します。所在地は新宿にあります。業界の日本人デザイナーの多くがこの学校の出身者です。洋服を作る工程、技術をかなりの精度で学ぶ事が出来ます。大阪市中央区日本橋 精神科・心療内科(カウンセリング)いちメンタルクリニック
基礎科と呼ばれる基礎的なカリキュラムを2年(夜間3年)で学び、更に専門的分野の技術修得を目指せるように、高度専門科が希望者には履修可能です。学校生活は洋服の製作が中心となりますが、現在のデザイン系職種の多くが使う基本的なPCソフトは課題の作製に必要になるので必然的に扱えるようになります。
 文化祭のファッションショーは学生による盛大な課題発表の場であり、ショーの構成や企画立案、運営も学生有志によるものなのでねやる気次第で、メディア系の仕事の疑似体験が出来ると言えます。
また、服地を織り上げたり、工業用機器であったり、専門性に特化した設備も本校の魅力です。多くの可能性がある学校なので、自身の知識、技術を磨くには大変、恵まれた環境がありますよ。。

大学より専門学校がいい!

数年前に大阪の某服飾専門学校に3年通っていました。私の場合は本当は大学で絵を書いたり、洋服を作ったりと希望してたのですが、試験に落ちました。で専門学校に入ったのですが。後から思えば、正解でした。技術は確かにつきましたし。
ファッションとは?という事から勉強できたので。まさしく、専門学校です。
ただ、専門学校はかなり事業が厳しいです。宿題も相当あります。コースによると思いますが、私は最初は習い事ぐらいのイメージのコースを取っていたのですが、通いだすと。モット勉強したくなり。2年からコースをプロコースに変更しました
なので、半端ない宿題でした。大学のように部活とかは無いですが先攻コースで色んなのを選択できるので、ファッションに関わる、色んな勉強はできました。
途中で、資格をとる事もできるので、スキルアップには最高です。
大学祭に変わるものは、ファッションショーでした。自分たちでデザインして選考されたら、ショーに出す事ができます。
また、イベントで色んなショーにバイトのお手伝いに行く事がきるので。
プロのモデルさんとお会いする事も可能です。ショーの舞台裏も経験できて良かったです。
後、気になる事は。とにかくお金はかかりました。出世払いと親にお世話になりましたが。授業料もしかりですが、生地を買ったり、材料を買ったり、これが結構かかります。宿題が多いので、なかなかバイトにもいけすでした。
でも、大学の友達より、たくさんの就職があったので。やはり良かったです。
  以上です

セツ・モード・セミナー

20年ほど前、曙橋にあるセツ・モード・セミナーという学校に通っていました。
服飾の学校ではなく絵の学校ですが、モードセミナーという名前の通り、今期のコレクションの中から気に入った服のファッション画を3枚描いてくる、というような課題がありました。
通常の授業は、西洋の美術に関する講義、1回10分間のクロッキー(男・女のヌード、コスチューム画)、水彩画、たまに石膏デッサン、6月に泊まりがけの写生会。今はないかも知れないですが、入学して半年経つと、ファッション科にも希望すれば入れました。
ファッション科に入ると、年に1回位、校内でファッションショーを行います。
卒業生に多くのファッションデザイナーやイラストレーターがいます。
実用的なことはあまり学びませんでしたが、特にわたしが通っていた時はセツ先生というカリスマ的な先生がいらっしゃったので、どういう風に絵を描かれるか(生徒に交じってクロッキーを描かれてました)も見られましたし、水彩画などの講評もしていただけました。
人に絵を見てもらう事、他の人の絵を見ることはとても参考になりました。
手や目で学んだことは大きくて、今でも色を使う上でだいぶ役に立っています。
また、その時に気付いた美意識に今でも影響を受けています。
午前部・午後部・夜間部があり、わたしは夜間部に会社勤務しながら行ってました。同級生には高校生・大学生・多分、ファッション関係の専門学校に行っている人もいたと思います。

ファッションの学園祭の楽しさとは

ファッションが興味があり、将来的にファッション業界で活躍したいと思う方は、専門学校に通う方が多いかと思います。
私の友人がファッションの専門学校に通っていたこともあり、色々と話を聞いてみると大変ではあるけど凄く楽しいと言っていたのを覚えています。
友人はファッションのデザインを勉強していたので、日々デザイン画を描いたり、街に出ては色々とリサーチをしたりなど毎日が充実していたそうです。
私にはそういったデザインの才能もありませんでしたし、できないことだと思っていたので凄く羨ましかったです。
そこでとある日に、友人から学園祭があるのでぜひ来てほしいと言われました。
ファッションの専門学校はとても楽しいと聞いたことがあるので、とても楽しみにしていました。
当日になり実際に学園祭に行ってみると、生徒さん達が色んな衣装を制作して仮装をしておもてなしをしてくれました。
流石普通の学園祭とは違い、華やかさがあるなと感心しました。
どの生徒さん達も本当に楽しそうで、ファッションショーもあり素敵な衣装だったり奇抜な衣装だったりと、本当に楽しかったです。
機会があれば、ぜひまたファッションの学園祭に行ってみたいです。